北八ヶ岳スノーハイク

iTWS japan の Jin Shibata です。私は登山ガイド資格(日本山岳ガイド協会)を保持しており、夏山に加えて初級の雪山登山もガイド出来ます。雪山初心者の外国人を案内するなら、北八ヶ岳は都心からのアプローチもしやすく最適な山域になります。

2023年12月最終週、自分自身の登り納めとツアー下見を兼ねて久しぶりに夏沢温泉に宿泊、翌日に北八ヶ岳の天狗岳に登ってきました。このブログのカバー写真に使用したのは、夏沢鉱泉の前から望む日没直後の北アルプスの槍ヶ岳と穂高連峰の山並みです。下の写真は、宿の前から臨む朝の風景です。

夏沢鉱泉は、温泉宿ではなく山小屋のカテゴリーです。送迎バスを降りた地点から徒歩30分で小屋に到着します。硫黄岳や天狗岳などが登りで2時間半~3時間くらいで到達できるなどとロケーションは抜群です。さらに温泉(鉄分・硫黄を含む鉱泉)が夜9時まで提供され、就寝時には湯たんぽが配られます。スタッフは、親切できびきび、接客業としてとても参考になります。下の写真は夕食ですが、自家栽培の野菜や自家製の味噌を使った夕食はとても美味しい(フルーツシャーベットのデザート付き)。「海外からのゲストで豚肉を使わない料理でお願いします」と事前に連絡すれば「山小屋ですので限りはありますが、誠意をもって対応します」とのことでした。

今回登った天狗岳は標高2646m、八ヶ岳連峰でも夏沢峠より北に位置するので北八ヶ岳に属します。夏沢鉱泉からはシラビソやオオシラビソの森を2時間、岩の稜線を1時間ほど歩けば頂上です(積雪状況により10本爪のアイゼン、ピッケルが必要です)。そこからの眺望は絶景かな、絶景かなです。今冬は極端に積雪が少なくシラビソなどの針葉樹が雪をたっぷり纏っている例年の風景が見られなかったのは残念でしたが、南アルプス・中央アルプス・北アルプス、さらには加賀の名峰白山まで望める快晴にめぐまれました。

雪山初心者の訪日外国人をご案内するなら、岩の稜線の急なアップダウンがある天狗岳登頂は避けて、夏沢鉱泉〜箕冠山〜夏沢峠のスノートレッキングがおすすめです。シラビソやオオシラビソの針葉樹の森と眺望が楽しめます。天候と雪の状態によっては30分ほどの岩陵歩きの根石岳(2603m)は登頂可能です(下の写真は箕冠山から望む根石岳(右)と西天狗岳(左) 2022年2月撮影)。一方で強風で有名な山域ですので、一歩間違えれば恐怖の山行となります。天候をしっかり見定めることがとても重要です。「予約したんだから何がなんでもガイドしろ!」とならないように事前の約束事がとても大事になります。。

本日は、令和5年12月31日大晦日です。皆様、良いお年をお迎えください。

柴田 仁

一期一会 今日の出会いを大切に

全国通訳案内士(英語)の資格に加えて「あきた白神ガイド」(秋田県認定)や「登山ガイド」(日本山岳ガイド協会認定)などの資格も持っていますので、観光地のみならず日本の自然をご紹介できるガイドを目指しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP